読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増井千晶のイマドキ!

増井千晶が今どき旬ネタをご紹介☆

空飛ぶタクシーや配達ドローンを実現する小型レーダー「MESA」

f:id:hanasakasakasu:20161118150256j:plain

どうも増井千晶でございます!

ドローン登場により、また一歩地球が未来化したような気がします。

さて、最近ますます活動範囲を広げるドローンにくわえ、都市間交通の担い手としての「空飛ぶタクシー」にも注目が集まっていますね。まだ実機は作成されていませんが、Uberエアバス、それにグーグルの創業者も同分野への参加に手を上げているのです。
 
しかし、そのような小型の飛行物体や航空機には小型のレーダーや衝突回避装置が必要となります。そして、ワシントンベースのスタートアップのEchodyneはそのような需要に最適とおもわれる小型レーダー装置「MESA」を発表しました。

このスマートフォンより僅かに大きい程度のMESAは、1.8マイル(約3km)先の小型飛行機をさまざまな天候下で検知することができます。Echodyneによれば、このレーダーは光や電磁波に対して特殊な振る舞いをする「メタマテリアル」を利用することで動作部を削減し、性能を損なうことなくレーダー全体の小型化と省電力化をはたしたというのです。
 
現在、自動車は自動運転技術の実現のために複数のレーダーを搭載しています。しかしそれらの探知距離は数百メートル程度しかなく、またその範囲も狭いものです。しかしEchodyneのレーダーは左右に120度、上下に80度の探査範囲を持っているのです。
 
EchodyneのCEOのEben Frankenberg氏は、この技術を2017年の第1四半期(1月~3月)にも商業化したいと伝えています。今後もこのようなレーダー技術の発展により、小型航空機やドローンの性能進化はますます進みそうですね。

以上、増井千晶でした☆